また心の中だけ

珍しく義母が娘を幼稚園に迎えに行ってくると言い出した。 「はるかさん、たまには夕食の準備ちゃんとしたら?」 なんだ、やっぱり一言多い。 いつもは「ちゃんと」できてないっていうことか。 そのちゃんとできてない夕食、食べないでよ。 また心の中だけの声。 ちょうど息子が寝ている。 自分の時間だ。 でも、久しぶり過ぎて、 何をしていいのかわからなくなっ…

続きを読む

最低なオンナになっていく

義母が来る前、 朝起きるのが楽しみだった。 自分だけの静かな時間だったから。 子どもたちはほんとうに可愛いけど 賑やかすぎる昼間ばかりでは やっぱり参ってしまう。 静かに一人になれる時間は必要。 でももう最近は朝起きるのが憂鬱。 いや、自分が起きるのというより、 義母が起きてくるのが憂鬱。 いっそ起きてこなければいいのに、 なんていう恐ろしいことが頭をよぎって …

続きを読む

巻き込まないで欲しい

週末、また夫は単身赴任先から 戻ってきてくれた。 義母が来てから ストレスからか、わたしは 生理が2度も来た。 そしてまたデリカシーのない義母が言う。 「はるかさん、そろそろ終わるんじゃない?」 閉経のこと。 「もう45歳でしょ?さすがにもう子供は作らないわよね~」 といって笑っていた。 その時の義母の顔は、 本当に歪んでいたと思う。 同じ女性だと…

続きを読む

耳を疑った

「はるかさん、ありがとうね」 今朝、義母が起きてきた時の第一声。 わたしは自分の時間を少しでも確保するため 早朝に起きる。 いつも遅く起きてくる義母が その貴重なわたしの早朝時間に 起きてきて、お礼を言った。 耳を疑った。 いまなんと?? 義母の口から私に向かって 「ありがとう」なんて 聞いたことがあったかな。。。 冷静に、 「どうされましたか?」と聞く…

続きを読む

あなたにはもったいない

義母が家にいるということ。 当然だけど、 彼女は冷蔵庫を勝手に開ける。 そしてあれやこれや文句をつける。 今日は、わたしが結婚前から飲んでいる 美容ドリンクを勝手に飲んでは 「なにこれ?酸っぱい~」って。 じゃあ飲めなきゃいいではないか。 これのおかげで 私は高齢にも関わらず、 子供ができたと信じているの…

続きを読む