おもわず苦笑してしまう

空は良く晴れ渡っているけど冷たい風が強く吹いていて、外に出ると、わずかに出ている頬骨当たりの皮膚が痛い。 今日はこれから、またパートの面接。 何件も断られ過ぎて断られ慣れしてきたことに苦笑してしまう。 この年になって何も特技がないことを後悔しまくる毎日。 後悔だけしていても仕方ないからひたすら応募しまくるだけ。 仕事を探していることは夫には言っていない。 弱音を吐きたくても、きっと受…

続きを読む

自業自得とはいえ

2日続いた晴天の空は消え今朝はどんよりと灰色の空。 いつもより余分に着こんでも足元から冷えてくる。 とはいえ、仕事もしていないわたしがひとりで過ごす昼間に暖房を入れるのはとても気が引ける。 昨日、久し振りに早く帰ってきて夫。 家族で食卓を囲んでいると 「そういえば、お袋風邪ひいたらしいわ」 会社を出たくらいに電話が掛かってきたらしい。 わたしが電話で話したときはそんなこと、一言…

続きを読む

なんでそんなことあんたに

夜中降っていた雨も娘の登校時間には止んで今では、キレイな日差しが落ちてくる。 雨のおかげでチューリップの水やりはしなくていいけれど、 娘は、「今日はどれくらい大きくなってるかな?」 と言って様子を見にベランダへ。 「昨日よりこれくらい大きかったよ」 と、指の先を見せてくれる。 どれくらいか、さっぱり分からないけど、そのしぐさだけで十分。 そんなほっこり気分を破ってくれるのは決ま…

続きを読む